La vie quotidienne
                                         quotidienn.exblog.jp
ブログトップ        


フランスの片田舎での日常や息子の成長をゆっくり綴っていきます
by tomokichilin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ようこそ
このBlogはリンクフリーです。

どうぞお気軽にコメントしていってください。

このBlogに使用されている写真と動画の無断での転載はご遠慮ください。

カテゴリ:リフォーム( 7 )
お風呂完成!
昨年夏、待望の風呂場のリフォームが終わりました。

・・・って、夫が一人、コツコツと2ヵ月間、仕事の後、夜中まで、更に週末をつぶして、壊して、配管工事して、作りあげた、正に汗と苦労の結晶!
その間私と息子は日本で1ヶ月半のバカンス。
帰って来た時は、まだ完成はしていなくて、シャワーだけは使えるようになってました。

日本で毎日1時間はお風呂から出なかった息子。
帰っても浴槽があるのを見て大喜び。

日本いる間、写真や、webcameraで見ていたものの、帰って現物を見た時には、本当に夫に頭が下がりました。
本当に大変だったんだろうなぁと、思うほど、前の痕跡まるで無し、まったくの別物になっていたのです。
まえのは・・・本当にひどかったんですよ。よく3年も我慢できたと思うほど・・・

では変化を少しずつ・・・
1枚目は配管残して全部取り除いた後、
2枚目は、配管と窓の取り換えが終わって、壁にタイルを張り始めたとこ。ここまでで、約半月。
3枚目は、浴槽を置いて、シャワー前と脱衣所の床のタイルを張り終えたとこ。ここまでで、約1ヶ月。

c0113522_21454149.jpg


写真が前後してますが、
1枚目は浴槽置いてタイル張る前です。
2枚目は壁のタイルを終えたとこ。
3枚目は脱衣所に洗面台を置き始めたとこです。

c0113522_21494047.jpg


そして、シャワーを設置して完成。
c0113522_21515645.jpg


ご主人様、本当にお疲れ様でした。
私も息子も、もう本当に大大満足です!

c0113522_21584973.jpg


そして、あとは、キッチンのリフォームを残すばかりとなりましたが、はたしていつできるのやら・・・?
今年のバカンスは遊びに行きたーーいと、夫が申しておりますので、来年以降ですね。
でもなんか、お風呂ですっかり満足している私です^^
[PR]
by tomokichilin | 2013-01-11 17:06 | リフォーム
トイレほぼ完成
8月の半ばから少しずつ始まったトイレのリフォームがやっと終盤を迎えました。
まだ完成ではないんですが・・・細かいところが所々残っていていつ完成かは全く未定なので。
家中のリフォームがそんな感じなんですがね。ブツブツ言っても仕方ないので、ほぼ完成報告です。

本当は、この5月からお風呂とトイレと一気にリフォームの予定だったのですが、私と息子がその間日本へ行っているはずができなくなってしまったので、今年は見送りね、ってことにした矢先、トイレの水洗部分が壊れ、水が流れっぱなしになるという事態が起こってしまいました。
しばらくマッチを挟んで(水を止めるため)やり過ごしながら様子を見ておりましたが、夫がおも~い腰をあげて、どうせ直すなら、リフォームしてしまおうということになり、8月の最後の2週間ヴァカンスを取って、うち1週間を突貫工事へ、残り1週間を旅行にあてることにしました。

ただ、1週間では、ペンキ塗りやら、タイル張りなどの、「渇き待ち」に時間が取られそうなので、8月半ばの週末などに、ペンキ塗りや電気工事などを少しずつ進め始めました。

c0113522_1638524.jpg

これがオリジナル。もともとは壁紙が貼られたんですが、カビだらけの上、そこらじゅうはがれまくっていたので、入居の際全部剥がして、そのままになっていました。
リフォーム計画のうちにドアの取り換えも入っていて、新しいドアを買ったはいいけど、元のドアの企画が古すぎて、蝶番の位置を全部直さなければならいので、一時(2週間くらい?)ドアなしトイレ状態が続きました。
その間のお客さま方には大変不便をおかけいたしました。

トイレのリフォーム計画を進める中で、私としてはぜ~んぶ取り替えたかったのですが、できなかったことが二つ、涙をのんであきらめました。
築50年になるこの家、建てた当時は、トイレの便器の企画が今とは違うんです。
今は流れて行く穴は便器の後方に位置していますが、その当時はどうやら前だったようです。
トイレ自体、ギリギリのスペースしか作られていないので、選択肢は2つ。穴を掘り直すか、便器を前へ出すか。色々検討した結果、夫は穴を掘り直そうかというところまでいったのですが、便器を取り外して穴の状態を確認してみようとしたところ、便器を固定しているネジが酸化して動かず、もし無理やり切ってしまったら、あとで、掘り直し不可能の事態になった際、もう付けなおすことができなくなるのは困るので、便器を外すのを断念。
新しい前穴の便器を探したけど、今はもう作られてすらいないので、結局便器は替えずこのままいくことにしました。幸い、状態はとてもいいので問題はないのですが、なら水洗部分を替えようかと思ったら、こちらも、この便器に合う企画の物がなく、そのまま使うことになりました。ただし、中身の器材は総取り換えができました。
トイレのリフォームの際に夫と二人でどうしても付けたかったのが、手洗い場。
日本では当たり前のものも、フランス来て、トイレの中に手を洗えるものが付いてないのに最初はちょっとびっくりしました。
最近は増えつつあるようで、トイレの水洗部分に蛇口が付いているものもみたことがあります。
ただ、節水と言う割には、流す水と洗う水がそれぞれ独立しているので、あんまり節水にはならないんじゃなかなぁ。
私の実家のトイレは、かなり古いタイプですが、水を流すと水洗タンクの上に着いてる蛇口から水が出てきて、そこで手を洗って、その水がそのままタンクに溜まるシステムでした。
夫はそのシステムを気に入ってて、それを応用しようということで、日本の色んなサイトで部品だけを探したんですが、みつからず、(部品だけってなくって必ず便器と水洗タンクとセット)結局タイムアウトで、夫が自分で、工作して作っちゃいました。
そして、タンクごと隠し、その壁板の上にvasqueを置いて、下のような感じになります。

c0113522_16435076.jpg


ここに蛇口と水洗ボタンがついて、壁と床のタイルを張り終えて、蓋も取り替えちゃうと・・・

c0113522_1792719.jpg


こんな感じでほぼ完成です。やっと・・・長かったぁ。
新しいトイレ、清潔で、なかなか快適で、自己満足度は花マルです019.gif

ご主人様、お疲れ様でした!

「papa bricole, moi aussi.」
c0113522_17343760.jpg


More息子ダウン
[PR]
by tomokichilin | 2011-09-16 17:35 | リフォーム
冷夏が終わり・・
ご無沙汰しております。
すっかりブログ夏休みを取っておりましたぁ。
秋めいた8月を過ごし、お陰でリフォームははかどりましたが、7月初旬の猛暑以来、涼しい、涼しい・・・あっつい夏好きの私にはなんとなく物足りない夏でした。
そして気がつけば、すっかり日の入りも早くなり、太陽があっという間に傾いており、あと数日もすれば、私はまた一つ歳を取り、秋を迎える時期になっておりました。

この8月ほぼ完成した、リフォームのひとつに、下の写真の壁があります。(写真の裏側は棚になっております。)
c0113522_4564378.jpg

ず~っと、壊した壁むき出し、壊れっぱなしで、早くなんとかしたかった壁。
息子が事あるごとに、穴に手を突っ込んだり、アスベスト入りのコンクリに触ったりするので気が気じゃなかったので。
c0113522_5101943.jpg

夫はず~っと後回しにしてて、やりたくなさそ~っだったのを、なんとか腰をあげてもらい、息子が寝着いてから夜鍋しながらコツコツ、約2週間に渡り完成しました。
このときはまだ目地が入ってないんですが、目地入れをしたらもっと明るくなりした。
夫はお酒も飲まない癖になぜかバーを作るとこだわり、なんとなくバーの雰囲気を醸し出す仕上げ(?)になりました。まぁ、どうあれ、私はとっても満足^^とっても気に入っております。

そして、家の外周壁には念願の防音断熱効果のひとつ、liege(コルク)を入れ終わり、(これ、効果抜群です。)家の外周りにも電燈とコンセントを設置し終え、日が短く、寒くなるのに備え、今、やっと最終段階に入りました。
夫は現在毎日仕事終わって帰宅してから、屋根裏に登り、配線を整理しております。
これが終わると、やっと屋根裏にisolation(防音断熱材)のouate sellulose(紙製)を入れて、年内のリフォームは一旦終わります。
後は冬の間に、庭の木の剪定が山ほどあるんですが・・・そして来年はお風呂とトイレのリフォームです。
ちなみに、前回の記事での屋外シャワーは1週間ほどで終了、新しいキャビネットをとりあえず買い、室内でシャワーしております。
ここまでも長かったんですが、まだまだ、先はもっと長そうです。
はぁ、でも、リフォーム一休みは必要ですね。

More おまけ・・・
[PR]
by tomokichilin | 2010-09-20 05:33 | リフォーム
あ~問題が・・・
夫がバカンスを取って以来、なんとか進めてきた細かいリフォーム・・・
でも、それを全て後回しにしなければならない問題が発生しました。
まずは外のポーチに使われている木材に虫が巣くってしまったこと。
車を出そうとふと下を見たら、柱の周りに何やら木屑が落ちている・・・?しかも新しい・・・?
げっ!!!!柱をみると穴だらけ~005.gif
しかもその穴から何やら黒い虫が出入りしている!何虫っていうのか日本語の名前はわからないんですが、木材を食するらしいです。
とりあえずまだ、柱1本の状態なので、ほかのすべての作業は置いておいて、急いで、虫の駆除。
・・・が、夫が調べたところ、ここに使われている木材、ペンキ塗られてて、しかもなんのプロテクションもなくつかわれてるらしい。なので、まずはすべてのペンキをヤスリで落とし、それから薬を各穴へ注入し、虫を殺してから、虫がつかないように、すでに薬剤入りのペンキを塗り直し・・・とここまで、約4日間の作業になってしまいました。
そしたら今度は、その作業の間にまた問題勃発・・・
掃除のときにベッドを動かしたら、ベッドから下の壁がカビだらけ・・・007.gif
何週間か前に一度発見し、きれいに掃除、消毒を行ったのにまたしても・・・
というのはその壁の反対側はシャワーキャビネットがある場所。
お風呂の改装は予算の関係で来年ということなので、とりあえず、ビデとシャワーキャビネットを取り外して問題を見つけなければ・・・
で、これ
c0113522_292898.jpg

なんと、シャワーキャビネットのまわりはコンクリートむき出しのまま、タイルひとつなし。
しかも床はキャビネットから水漏れしてたのか、カビだらけで湿った状態。
これは、何よりもまず、コンクリを乾かさないと、この先何もできないと。
このくそ暑い中、お風呂はヒーター全開で温め、乾燥に専念。
そして私たちのシャワーは・・・・
c0113522_295220.jpg

庭へ設置。
まぁ、お湯も出るし、壁もあるんで、屋外シャワーだけど、快適です^^
あ~でも夏でよかったぁ。
いやいや、びっくり続きのリフォームですが、いつか終わる日は来るんでしょうか・・・?

息子君は 先日2歳を迎えました
[PR]
by tomokichilin | 2010-07-17 00:55 | リフォーム
肉体労働の日々
すっかりご無沙汰をしております。
4月はなんだか細かいたくさんのリフォーム事に追われ、あっというまに過ぎてしまい、ブログの存在自体をちょっと忘れておりました。
でもやーーっと、居間と私たちの寝室に、でっかい収納ができ、住み始め2ヵ月にして、段ボールが家の中から姿を消しました。019.gif
ここまでほんとーに長かったです。
c0113522_21225954.jpg

そして、今回、私はcarrelage(床のタイル張り)に挑戦しました。
玄関ホールの小さいスペース(約7㎡)だったので、古いリノリウム剥がしとタイル張りに丸1日から1日半もあれば終わるだろうと算段し始めたのですが、結局、3日間もかかってしまいました。
その上、ものすごく簡単に考えすぎてて、大後悔・・・腰が死んでしまいましたよ・・・
その間息子君は義両親のお家にお泊まり・・・
c0113522_20563992.jpg

上写真左から、元の床、真中は剥がしたとこ、右が出来上がり


c0113522_20595834.jpg

上の写真は作業中。一度全部仮置きして位置を見いて、接着剤を作ってそれを床に伸ばしていき、一枚ずつタイルを置いていきます。


とにかく、この作業がしんどいんです。腰は曲がりっぱなしで、まっすぐに置いているつもりでもまっすぐになってなかったり・・・
結局出来上がりは、タイルの間の溝がマチマチになってしまいましたが、幸い私が選んだタイル自体の形がちょっとアバウト気味だったので、気にしなければ、大して(私は)気にならない、こーゆーもんかなって出来上がりでした。狙いはcampagne風(田舎風)なイメージだったので。
私的には満足だったんですが、これが気に入らなかった人も・・・021.gif
その人は・・・夫です。
工事始めたのはなんと、私たちの結婚記念日、夫がディナーにレストランを予約してしていたのに、時間になっても終わらず、しかも初めての私のやり方に文句をつけてきたので大喧嘩。
私としては、少しでも夫の負担を軽くしようと、しかも始めて何の知識もなく(無責任)やったのに、「お疲れ」の一言くらいほしかったのに、いきなり文句言い始めたもんだから、こちらもカッチーンときて、怒り爆発してしまいました>_<
で、喧嘩しながらも、レストランに遅刻して行ってきました。
今年で、5回目の結婚記念日。去年は母が来てて、らしいこともしなかったんですが、今年は私がすっかり忘れていて、めずらしく夫が覚えていて、しっかりレストランを予約しておりました。
怒り心頭で、カメラを持つのも忘れたので、何の写真もないんですが、Arcachonのちょっと高台にあるレストランで、湾が一望でき、夕日が落ちるのを眺めながら食事できる素敵なとこでした。
そして食事もめずらしく美味しく、美味しいものを食べた後は怒りも収まり、仲直りもして、いい気分で帰宅し、翌日も朝早くから、タイル張り三昧の一日でした。
ここまでくると、なんとか住まいらしくなってきて、段ボールも片付いたので、やっと落ち着いた感がでてきましたが、まだまだ、リフォームは終わりません・・・
人に任せちゃえば早いんだろーなぁ・・・って考えながらも、地道な作業な日々は続きます。
そんな中も、庭の花々が次々咲いて、疲れた心を慰めてくれます。
この庭作った人は、ほんとすごいって感心するくらい!
3月のミモザに始まって、ツバキ、レンギョウ、ライラック、オオデマリ、シャクナゲ、バラ・・・ひとつ花が終わると次と、順々に違う花が開花していって、目を楽しませてくれます。
c0113522_2274576.jpg

満開のオオデマリは見事でした。


c0113522_228505.jpg

今はバラが満開です。


ただ、花が素敵な庭は、お掃除が除大変なんですね~>_<
ボルドーは先週からいいお天気続きでこの連休は夏日でした。おかげで、山ほどの庭仕事がはかどりましたが、こっちも終わりませぬ・・・まぁ、少しずつでしょうか。すべてが素人仕事なので、思うようにはかどりませんが、少なくともこの花々はがんばって守っていきたいもんです。
[PR]
by tomokichilin | 2010-05-26 21:13 | リフォーム
ENDUITS A LA CHAUX
さて、リフォームまだまだ続いております。
リビングの壁が出来上がってきました。
ここの壁だけは、A LA CHAUX、たぶん、日本語で言うと、西洋漆喰の類いだと思うんですが、すみません、詳しいことはちょっとわかりませぇん・・・
前回は、下塗りまで、終わってて、先日から夫が、塗料の入った土を被せています。

今回のリフォームは、夫の起っての希望で、使える素材はなるべくBIO(天然素材?)のものを使っておこなっております。
なので、基本の壁はもちろんBIOのペンキ。普通のペンキより一手間かかってる感じです。
メリットは呼吸する壁、だそうです。もちろん体にも悪くないと思います。

手順は、まず壁をきれいにしてから、水溶性のペンキなので、しっかり付着するように、特別な下塗りのペンキ、油ベースの「primabio」なるものを塗って、一日以上置きます。そして一度目の本塗り、また一日以上置いて、二度目の本塗りで完成です。

そして、リビングの壁は、夫が是非、A LA CHAUXを使いたいというので、色は私が決めるということで、快諾しました。
そして、ボルドー近郊にはただ一軒のBIOペンキのお店(Gujan-Mestrasにあります)へ行き、色々決めてきました。
お店はご夫婦でやってらして、とっても親切で、細かいことまで色々教えてくれ、夫は、A LA CHAUXの使い方を教えてもらいました。(本来は月一で講習会があって、色々な技術をそこで習うようになっているんですが、今回、私たちが選んだ仕上がりは先月やってしまって、この先3ヶ月は講習しないそうなので、特別に個人的に短時間での説明を受けてました。)
息子と私たちの部屋の壁の色決めるのに、ものすごく迷って、消耗してしまった私は、リビングの壁の色はあまり悩みたくなく、お店に行った時点で、そこの壁の色と仕上がりを一目で気に入ったので、もう他を見ず、「これにします」と即座に決めました。
黄色っぽい色と、白の2色です。

c0113522_2343053.jpg

左上の写真が白の塗料、これをコテにのせ(写真真中)、壁に一気に下から上へ向かって擦り付けます(写真右上)。ちなみにやり方は色々あるそうで、私たちが選んだのは、初心者らしく一番簡単な方法です。
c0113522_2343163.jpg

写真左は左側の壁は下塗り終わって乾いたとこをもう一度湿らせます。そして塗料を塗っていくと、右側の壁みたいになります。(写真真中は塗り終わったとこ) 
乾くのにかなり時間がかかるんですが、乾いてくると、色がどんどん白っぽくなっていきます。
写真右は、選んだ色は黄色なんですが、塗り終わり直後の写真なので、まだかなりオレンジっぽいです。
3日ほど経つとかなり黄色っぽくなってくると思います。
実際、白のほうは、グレーだったのが、かなり白くなってきました。
壁がどーんと広いので、普通のペンキより、動きのある仕上がりでとてもきれいです。
こんな大変だとは思わなかったけど、出来上がりには大満足^^
床板が置かれる日が楽しみです。

さて、これで、主だった壁は一通り終わり、この週末、やっと床板を置いていく作業にはいります。まずは息子の部屋から。これで、部屋としては完成になります。
・・・いやまだ、窓の取り換えがあるんですが、それはオーダーなので、来月頭くらいまで待たなくてはいけないようです。でもとりあえずは住めるようになるので、やれやれです^^

c0113522_6282085.jpg

前回お見せした、壁を壊した後の床の穴も順調に埋まってきてます。

夫にかなり疲れが出てきているので、そろそろ限界かなぁ。それにしてもここまで、良く持ったと感心します。
途中で止めてもよかったのに、彼のモチベーションには恐れ入りました。

ここのとこ急に暖かくなってきたので庭のミモザが咲き始めました。
引っ越しの日には満開になってるかなぁ。
c0113522_6385588.jpg

来週からは私は大忙しになりそうです。リフォームしていない、風呂場、トイレ、キッチンを隅々まで掃除しなければ・・・それに荷造りも・・・あ~一番モチベーションさがる仕事です007.gif

この頃の息子君・・・
[PR]
by tomokichilin | 2010-02-26 06:50 | リフォーム
リフォーム真っ只中
リフォームを始めてからなんと既に1か月以上過ぎてしまいました・・・
もっともっと簡単に考えていたので、こんなに時間かかって大変だったとは・・・
この1ヶ月、夫は平日は仕事終わってから作業に行き、夕食時一度帰宅し、食事をすませ、また作業へ戻り、夜中に帰ってきます。週末は朝から夜中まで、この1ヶ月休みなしで、ちょっと体を壊さないか心配になるくらいがんばってます。
で、こんだけやってるんだからさぞかしすごいリフォーム?って思うけど、この1ヶ月ですすんだ作業は、なんと、壁と天井だけ・・・あ、それと電気工事。
電気工事が思ったより時間かかってるようです。
この家は50年以上前のもので、当時の電気事情はコンセントにアースがついてない、そして電気のスイッチとコンセントが一体化してて、これを全部取り換えなければならいのです。
幸い、義弟が電気技師なので、通常頼むと10万以上取られるのが、彼が週末来て夫と二人で工事してくれるので、実費の分だけで済んでとても助かりました。でも、なかなか進まないんですが・・・
c0113522_7442078.jpg

そして、壁は、壁紙を剥がすとこまでは、早かったのが、ペンキを塗る下準備になんと3週間かかってます。
何しろ壁、穴だらけで、小さいのから大きいものまで、全部パテで埋め、その上から更にヤスリがけ。
壁紙を使えば早かったような気もするけど、夫の意向で、BIO(天然素材?)のペンキを使うことになり、部屋と廊下はBIOペンキ、居間と食堂はLA CHAUX(漆喰かなぁ?)になりました。
ペンキ塗り係はこの私。産まれて初めてのペンキ塗り、しかも筆なんて、10年以上持ってないのに、いいのかなぁと思いながらも、他にやる人がいないので、やるしかなく、まぁ失敗したら何か飾ればいいや(かなり無責任?)と挑みました。
まずは色を決めるのにものすごい悩んだかいあって、息子の部屋と私たちの寝室は、色は大満足。
仕上がりはやっぱり、完璧にはいかず、ムラがあったり、息子の部屋には山を描いたんですが、なんだか歪んだ山になってしまってちょっとがっかり・・・007.gif
息子、ごめんね・・・画才のない母で・・・でも色はきれいだから許して。
で、こーなりました。左から最初の下見の時、真中が壁紙を剥がして壁を綺麗にしたとこ、右が出来上がり。
c0113522_715452.jpg

やっと子供部屋らしい部屋を作れるので、飾るのが楽しみです^^
そして私たちの寝室も塗り終わり、2部屋はあとは床板を置くのを待つばかりです。
壁が変わると、部屋の雰囲気もガラッと変わりますね。
c0113522_7434932.jpg

いやぁ、もう天井のペンキ塗はもうしたくないです。首と肩がコチコチ。

そして、今週は息子に夫の実家に2泊してもらい、私は2日半かけてリビングの壁の下塗り。
これが、もう右手が腱鞘炎になるかと思うくらい大変でした。
c0113522_834314.jpg

石灰だか砂だかの粉状のものに水を加えていってヨーグルトくらいの硬さにして左の刷毛で塗っていきます。
って、この刷毛にパテがつくと、重くて重くて・・・まだ手首が痛い025.gif
右の写真は乾いた部分と新しく塗った部分。乾くと白っぽくなっていきます。
で、これが全部乾いたら、この上から更にもうひと塗り、今度は色が入った土を被せていきます。
それは、大変な作業らしいので、夫が来週からするそうです。

夫は現在、居間と食堂を遮っていた収納壁を思いっきりぶち壊し取り除き、その後をせっせと直してます。
c0113522_222645.jpg

天井の穴と、床の穴です・・・

でも、なんとなく終わりが見えてきました。終わりっても、3年計画の改装(予算がないから少しずつ・・)なんでまだまだなんですが、とりあえず、引っ越しまで後残すとこ3週間。とりあえず住めるようになるまで、リビングの壁と、床まで、終わりそうです。できたら、玄関ホールの壁までは終わらせたいもんです。

あ~早く普通の生活に戻りたい。
息子はかわいそうなんですが、週に2~3日は、夫の実家に預けてます。でないと私が何もできないので。
でも彼は楽しそう。息子は義父が大好きなので嬉々としてます。
泣かれると辛いので、喜んで行ってくれるのは本当に大助かり^^
来週リビングの壁ができたらまた更新したいと思います。

自分たちでリフォーム、大変だけど、結構面白いです。
完璧でなくても、自分たちでやったという満足感、充分です。・・・が、もちろん余裕があれば、頼んじゃうのが楽でいいですけどね019.gif
[PR]
by tomokichilin | 2010-02-19 07:02 | リフォーム