La vie quotidienne
                                         quotidienn.exblog.jp
ブログトップ        


フランスの片田舎での日常や息子の成長をゆっくり綴っていきます
by tomokichilin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ようこそ
このBlogはリンクフリーです。

どうぞお気軽にコメントしていってください。

このBlogに使用されている写真と動画の無断での転載はご遠慮ください。

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新しい試み
気がつけば、10月ももう終わり、明後日は大嫌いな冬時間へ突入です。
今月は、時間が空けば、ひたすら庭の改造に精を出しておりました。
庭仕事、まじで体力勝負です。でもハマりますねー。
少しずつでも変わってくのがとても楽しいです^^ でも背中と腕が筋肉痛で、悲鳴あげてます(なさけな・・・)
夏が終わって、寄せ植えの解体、植え替え、球根の掘り上げ、春用の花の球根の植え付け、伸び放題の枝の剪定やら、今までほっぽらかしだった庭に一気に手をつけ始め、気がついたら10月が終わろうとしてる・・・
家の中のリフォームがとりあえず一段落してきたので、庭に手を入れ始めたら・・・もうすっかりハマっておりました。
夜は疲れてすぐ寝ちゃうので、ブログはほったらかしで・・・
それもやっと、一息つけるとこまできたので、庭仕事のことは、別にブログをつけていこうと思います。
まだ新しいブログに慣れていないので、ちゃんとできたらここで、ご報告します。

10月頭に、日本から懐かしい友人がた~くさんの美味しいものをかかえて遊びにきて、久しぶりに子無し外出を楽しんだり、日本の近況聞いたりとても楽しく過ごしました。
ただ、タイミング悪く、息子が病気になって、ちょっと大変だったんですが。
友人が帰った翌日、下がってた熱がまた高くなって、最初の診断では「gastro」という胃腸炎みたいなものと言われたんですが、再度熱が上がった時、息子のおちんちんが腫れて赤くなってきてるのに気付き、慌ててまた病院へ連れていき、たぶん尿路感染だろうと言われ、尿検査をするよう言われて、ラボへ行く羽目になってしまいました。
フランスのここがいやなとこなんですが、血液や尿検査みたいな簡単なものでも、主治医はやってくれず、わざわざ、検査ラボへ出向き、そこで行うんです。熱があってぐったりしてる息子をかわいそーにあちこち連れまわさなければならいのは辛かったです。
でも、検査をしなければ、薬を与えられないと言われ、仕方なく出向くと、今度はもっとひどい目に。
まだオムツがとれていない息子。なので、ラボに問い合わせをしたら、直接連れて行って採尿パックを張り付けると言われ、連れて行ったら、腫れて痛がってるのに、まず消毒をしなければと、泣き叫ぶ息子に、有無を言わさずグリグリと消毒して・・・熱があるのに、パックがはがれたら困るからと、おしり丸出しで、ラボの中で
おしっこがでるまで、遊ばされて・・・・
朝9時半に着いてから昼間で待ってもオシッコ出ず、水を与えても全然出ず、しかもその間、パックを1時間ごとに取り換えなくてはと3回も消毒されて、泣き叫ぶ息子を押さえつけて・・・
もういやになり、家で採るからパックを持ちかえると言っても、この場合はラボで採らなければならないと聞いてもらえず、挙句、昼は閉めるから午後出直してきてくれと言われ・・・
もちろん昼ごはんを食べたらオシッコでますよねー。昼寝もそこそこにまたラボへ引き返し、2時から5時までひたすらオシッコ待ち。早めのおやつに水をたんまり飲ませ、待てど出ず。
もちろん尿道が腫れてるから普段とはおしっこ感覚が違うんでしょう。
もう諦めて、帰ろうとしたその時、息子の動きがふと止まり、顔が息んだのを見逃しませんでした。オシッコではなく大きいほうが出ちゃって、その始末に追われてる矢先、やっと出ました。丸一日待っていたものが!
あの達成感は大きかったです。
で、やっとその夜から薬をあげはじめたら、抗生物質があわないのか、眠れず泣き叫び、症状が落ち着くまで3日間ほど、私と一緒に寝てました。
今まで、病気らしい病気したことなく、鼻風邪と、一度、突発性発疹をしたくらいで、その時ですら、食欲はいつも通り、熱があっても走り回っていた息子が、今回初めて5日間ほどほとんど食べ物を口にせず、水分だけ、昼間はだるいのかぐったりしていて、本当に焦りました。
しかもラボの仕打ち。
それでも、2週間くらいぐずぐずしていたのが今ではすっかりよくなってまた元気いっぱい走りまわっています。ちょっとぐったりしてたときが懐かしい・・・(苦笑)

ただ、3日間私と一緒に寝てしまったせいで、その後2週間ほど、夜中に起きては、私たちのベッドへ来るのをせがみ、更に疲れててそれをずるずる許してしまったせいで、夫も私も寝不足になり、これではいけないと、夫と話し合った結果、息子のベッドを柵付きのベッドから普通のベッドへ変えることを決めました。
そして購入後、3日間、夜中に息子が泣いてせがんでも、朝まで自分のベッドで寝ることを根気よく言い聞かせ、やっと、せがむのをやめてくれたときは、これもまた、うれしかったです。
そして、新しいベッド設置の日、ちゃんと寝てくれるかなぁ?と山のような不安を余所に、息子は新しいベッドに大興奮!ベッドの上で飛び跳ね回って、最後にはパパにしこたま怒られてました。
興奮しすぎて寝てくれないかなぁ・・・と思ったけど、全く問題なしに、新しいベッドに移行してくれました。
以来、朝早く起きた時は部屋の電気をつけて、お気に入りの絵本を渡しておくと、私たちが起きていくまで、ベッドの上でご機嫌で過ごしています。
c0113522_6181316.jpg

この変化にはちょっとびっくりでしたが、息子も成長していってるんですね。
garderieにも今は全く問題なく、嬉々として行っています。
そして、今日は、初めて自分からオマルに「ピピ」と言いながら座りました。
お~これはgarderieの他の子たちがトイレでしてるのをみて、興味持ってきたな~。もう少しで始められるかなぁ~・・・と母の野望はふくらみます。
そーです。次の難関はこれ、トイレトレーニングですね~。

c0113522_6251314.jpg


Moreそんな息子の最近のお気に入りは・・・
[PR]
by tomokichilin | 2010-10-30 06:25 | Bebe