La vie quotidienne
                                         quotidienn.exblog.jp
ブログトップ        


フランスの片田舎での日常や息子の成長をゆっくり綴っていきます
by tomokichilin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ようこそ
このBlogはリンクフリーです。

どうぞお気軽にコメントしていってください。

このBlogに使用されている写真と動画の無断での転載はご遠慮ください。

cours de cuisine
ちょっと前のことになりますが、今月夫からのちょっとしたプレゼントがありました。
夫の会社で年間を通して色々な企画(誰でも参加できるけど定員あり)があるうちのひとつに、今年は「cours de cuisine」があって、それに参加させてもらいました。
興味はあるものの、機会がなかったり、高かったりで、今まで行ったことがなかったフランス料理教室。
今回初挑戦でした。
場所は、「Les Sources de Caudalie」ワインのぶどう畑の中にあり、エステで割と有名なところです。
c0113522_18142541.jpg

お天気にも恵まれて、久しぶりに、子供からも解放されて、きれいな景色と美しい調度品に気持ちはウキウキ。
参加者は10人で、みなさん、同じ会社の奥様方でした。

さて、いよいよ料理教室開始。
メニューは、「menu de fête」季節柄、パーティメニューで、entréeに名前をメモるの忘れて名前をすっかり忘れてしまいましたが、boudinを使い、cèpeのクリームソースを添えたのと、主菜に「Rôti de magrets farci au foie gras」でした。
シェフは思ったより若くて、でもとっても早口で、みんな何度も聞き返していました(笑)
ただ、ちょっと残念だったのは、料理教室っていうから、最初から最後まで、一人づつ、メニューの物を作って後で頂くのだとばかり思っておりましたが、私たちは、洗ったり、切ったり、巻いたり。肝心の火を使う部分はシェフがお一人で見本をみせるだけ。
でも他の方たちは、結構それで満足だとか・・・ん~なんか違う・・・

c0113522_18482158.jpg

これは、boudinをモロッコ料理で使われるとても薄いガレット(feuille filo)で包み焼いたものに、バター炒めのほうれん草を敷き、cèpeのクリームソースをshiphon(最近流行ってる・・)を使って、ムース状にしたものを周りにかけます。この時、ムースなので、みんな冷やすもんだとばかり思ってたら、湯銭にかけてゆっくり暖めてました。通常は2~3時間暖めるらしいです。
c0113522_18591266.jpg

メインのcanardは、二つに切ったmagretsに切り込みを入れ、foie grasをつめて、焼きます。
シェフはfonteの鍋を使ってました。
最初は強火、後で、弱中火で蓋をして、ゆ~っくり20分くらいかなぁ火を入れて、後で、火を落とし、蓋をしたまま、1~2時間肉を休めるそうです。
その間に添える野菜(この時はpanaisとcorgeとcèpe)を茹で焼きにして、canardを焼いてでた油を使ってソースをつくり、盛りつけます。
添えつけの野菜にpanaisと言う野菜があって、これが、とっても美味しいんです。
よく知らなくて使ったことなかったんですが、これからどんどん使ってこうと思います。
c0113522_21403755.jpg

育てるのもかなり簡単らしいです。来年は植えなくっちゃ!

ここまでで、正味2時間ちょっと、朝9時半集合だったので、この後、このホテルのレストランでこのメニューを頂くのがメインイベントでした。
シェフが一皿ずつ説明しながら盛りつけ、残りは厨房でプロの方々が調理してくれたものを頂きました。
美味しい~053.gifかったです。
雰囲気も見た目も味も美味しくって、10人の女性だらけのテーブルはとても賑やかで、おしゃべりつきず、とても楽しく、気持ちのいい思いをさせていただきました。
その間家では夫がパスタとステーキ(ひき肉の)をつくって(?)息子と食べてたそうです。

そして、コースの最後はやはり、デザート。
patissierの技に惚れ惚れしながら、味わいました。なんとも美しくて美味しい!
c0113522_1917218.jpg


また来たいなぁと思って聞いたら、なんと2013年まで、お料理教室は予約いっぱいだそうです。
いつか、夫と二人で、ゆっくり来たいものですが、いつか来れるかなぁ・・・?
その前にこのメニューを実現させなくは・・・ですね。
いつやろうかなぁ・・・
[PR]
# by tomokichilin | 2011-11-24 19:23 | cuisine
日常
息子が幼稚園へ行き始めてから早3ヶ月。
私の重い腰はまだなかなか上がらり切らず、腰を床に着けたままズルズル這っている感じから抜けきれませんが、とりあえず、すこーしづつ、前進しつつあります。

当の息子は、毎日泣くこともなく、嫌がる風も見せず、嬉しそうに幼稚園へ行き、少しずつ、自分の世界を広げていっているようで、うらやましい限りです。
3ヶ月目なので、ちょっと覚書。

c0113522_23273948.jpg


夫は週に1~2回息子を朝、幼稚園まで送って行きます。それ以外はもちろん私が。
雨さえ降っていなければ、なるべく自転車で行っております。
車はまず小学校と隣接しているため、あの付近は登校時間と下校時間は車だらけでぐちゃぐちゃの上、止めるところを探すだけでも時間取られるので。(だから雨の日は収拾付かず最悪・・・)

息子を教室の前まで連れて行き、まず、リュックサックを自分の名前が貼ってあるフックに掛けさせ、上着も脱いで掛けさせ、次に自分で上履きを取りに行かせ、自分で靴と履き替え。
その場所も朝は混みあうので、息子は気が散って作業が遅々として進まないけど、周りの子供も同じよう。
なんとか終わって、クラスに入る前にママとビズ、カランして、「a tout a l'heure」(あとでね)と言って、何の未練もなくさっさと入って行きます。
そして、黒板の周りに置いてあるベンチの上の自分のネームカードを持って、壁にかけてあるネームカード入れに自分のカードを入れてから遊び開始のようです。
ちゃんとやってるのを見て一安心。

周りを観ると、ママ半分パパ半分くらい。
小さい赤ちゃんをクーファンに入れたまま持って(朝早くてまだ寝てるからかな?)、子供の手を引いてくるのを見ると、大変そーだなぁと思う。
ベビーカーは持って入れないため。

幼稚園から出て、家へ帰る前に、息子の教室の前を通るのでここ何度が覗き見ていると、秋休み終わってすぐの日は、おもちゃが全部片付けられてたようで、いつも遊んでる車を見つけられず、その場所でウロウロしている息子。そこへ、要領よくおもちゃを見つけ、持ってきた2人の子に押され、それでもそこを離れられず、ウロウロ・・・
その光景に私はちょっと動けなくなって、じーっと見入ってしまったら、もう周りには人はいなくって怪しいおばはん状態になっておりました。そうこうするうちに、先生が子供たちを集めて何か始めたのでその場を離れたのですが・・・
見つからない物を探しに行くとか、聞くとかという行為や、視界を切り替えて違うことをしようとする器用さがどうやら、息子にはまだないようです。・・・頑固だもんなぁ(パパに似て・・)
一人っ子状態で、私が家にいるから、やっぱり一人でやらせてるつもりでも手を出しちゃってるんでしょうね。
反省。
もう少し、私も待つということと、息子にサバイバル状況を与えるのを今後の課題にしなくては。
性格の問題もあると思うけど、息子はなんたって甘えん坊君。
口癖「ママ~ン、自分でしなさ~いよ!」(訳:ママがやって!)


そしてお昼は、私が仕事を持ってないので、息子を給食に預けることはできず、(我が町では)11時40分に迎えに行き、家で食べさせ、13時15分にまた送って行くという日々を繰り返してます。
これ結構困りもんです。ちょっと遠出しようかなと思ってもなかなかできないんです。
この昼の送迎を入れると、一日2往復です。

c0113522_2232146.jpg

お昼後、送って行っても親は中に入れず、玄関でバイバイ。午後は幼稚園で昼寝して、夕方16時30分にお迎えです。
家に帰るとお腹ぺこぺこで、帰る道すがら、食べたいものを連呼。
手を洗って、自分のおやつ机に直行。
たっぷり時間をかけておやつを食べた後は、今までは外で遊べたけど、冬時間になった今は、おやつ食べ終わるともう薄暗くなり始めているので、家の中で遊ぶのみ。
pate a modelee(粘土)におえかきやら、ゴメット(シール貼り)、今はぬり絵の練習中なんですが、好きじゃないのとうまくできなくっていつも癇癪起こして終わり・・・
飽きると車持ち出して、幼稚園で遊んだのを反芻してか、色々話しながら一人で遊び始めます。

c0113522_23283161.jpg

言葉も着々と増えてきて、やはり圧倒的にフランス語のボキャブラリーが増え、私が日本語で話しかけてもフランス語で返ってくることが多くなってきました。
でもそれじゃぁ、いか~んと、思い直し、必ず、日本語ではなんていうんだっけ?と問いかけ、言わせるようにしてます。
パパが帰ってくると、もう嬉しくって、私が何度も今日何したの~?とか、誰と遊んだの~?とか聞いても、一向に要領を得ないのに、パパが帰ってくると、夢中で幼稚園で何があったか、必死で話し始めます。
少ないボキャブラリーを駆使して、「ecoute moi! papa!」を繰り返して(笑)
しかも、日本語の単語を交えながらなので、理解には一苦労。

入園して以来、息子にとっての幼稚園での大きな出来事は、幼稚園で昼寝をすることのようです。
誰に会っても、夕方迎えに行っても、必ずこれを一番に言います。
「エコール、ねんね。」(ぷっ)
幼稚園で昼寝出来る自分が誇らしいのか、それとも単純に楽しいのか・・・?謎ですが。

c0113522_22463095.jpg


今のもう一つの課題は着替え。
出来る子は上手にできるけど、うちは今一つ。脱ぐのはなんとかできるようになって、パンツ、ズボンは穿けるけど、Tシャツを着たり、ジッパーを上げたりがイマイチ苦手。
これも練習しなくちゃなぁ。靴は脱いだり履いたりは問題ないようだけど・・・
この前、夕方迎えに行ったら、ズボンが前後反対になって穿いててびっくり!
先生も直さないんですねぇ、こーゆーの。
聞いたら昼寝後自分で穿いたからって・・・・そーゆーもんなんですね。

前に比べて、自分の意思を伝える術を少しずつ見つけているせいか、癇癪を起こすことが減ってきて、
若干落ち着いてきたようにも見えます。(あくまでも若干・・・)
最近はパパノエル効果で野菜も食べるようになってきたし。これは心から嬉しいです。

成長に伴って、私は手を出さず、じっと待たなくてはならないことが増えて行くなか、母も鍛えられていくんですね。
息子に負けずに、母も早く思い腰を上げなければです。
息子が私の背中を見た時に、「僕もがんばらなくっちゃ」って思ってもらえるように^^
[PR]
# by tomokichilin | 2011-11-13 04:16 | 子育て
この冬用1作目
ご無沙汰しております。
すっかり冬時間に馴染み、11月に入ってから、天気も悪くなり、うすら寒い日が続いておりますが、今年はまだ寒さがそれほど身にしみてきませんね。
c0113522_23265420.jpg

去年に比べると、天気のいい日多いし。でも現在は、ピレネーのほうで、洪水で大変なことになってるようですが・・・

さて、私も大変な目に合っておりました。
フランスへ来て以来初めて「ガストロ」の洗礼を受けました。
「ガストロ」はここでは有名な流感胃腸炎のようなもので、大変感染力が強く、ときどき、学校とかで子供たちの間で大流行したりします。
私も例にもれず、や~っと秋休み終わって元気に幼稚園へ行き出した息子がさっそくもらってきてくれ、夫婦仲良くおすそ分けを頂きました。(涙) しかも二人同時に発症・・・
私はいまだ、胃の調子がよくなくって、食欲があまりありません。
でもお陰で、きつかったパンツがゆるくなってなってたのにはちょっとうれしかったり037.gif

この秋休みは、ピレネーへ行く予定だったのが、借りるはずの家に急きょ工事予定が入り、工事と一緒でもいいならと前振りされ、せっかくの休みに工事と一緒なんていやっということで、家族そろって、家におりました。
でも、それもなかなか悪くないんですねぇ~。私にとっては^^
夫がいたので、息子置いて、買い物やら、友達とお出かけやら、お宅にお邪魔したり、結構一人行動の身軽さを楽しませてもらいました。気が晴れるモンですね。

今年も10月ころからまたチクチクと少しずつ始めました、編み物。
去年ほどの情熱はなくなっていますが、去年の余り毛糸でとりあえず息子の帽子を作ってみました。
c0113522_23381097.jpg

被るとこんなん・・・
c0113522_23383467.jpg

このままでもかわいいんですが、これ一応、ヘルメットの下に被るといいそうです。
息子が自転車乗るときにヘルメットをつけるので、その下にと思って作りましたが、結構暖かいようで、本人、気にいって被ってくれてます。

それと最近、またパン焼きブームに火が付いてきました。
最近、家の近くにできたBIO Shopでサフのインスタントドライイーストを見つけたのがきっかけ。
やっぱ、いいです。よく膨らむし、扱いが簡単だし。
息子が朝食の買ってきたパンを食べなくなってきたので、ちょっと重い腰を上げ、デニッシュ食パンをまた作り始めました。いい感じに焼きあがります。
c0113522_23431173.jpg

あとは、ハンバーガー狂いの息子用にも・・・
c0113522_23435078.jpg

焼きたては美味しいです。
今は、フランスブールパンに挑戦中ですが、なんかうまく焼けないんですよねぇ・・・何故?

世間ではクリスマス色が濃くなってきましたねぇ。
息子は幼稚園で話を聞いてきたのか、ここんとこすっかり「petit papa noël」(サンタさん)ブームです。
これを引き合いに出すと、言うこと聞く聞く。すごい効果!
「papaとmamaの言うこと聞かない子のとこにはpapa noël 来ないんだよ~」
今のとこ、プレゼントが欲しいとかではなくって、純粋にpapa noël に会いたいようです。かわいいねぇ。
でもいつ来るのかの説明は大変です。だってクリスマスはまだ1ヶ月以上も先だし・・・
毎日息子に明日?って聞かれてます。やれやれ・・・
[PR]
# by tomokichilin | 2011-11-08 23:56 | 手作り
自転車
9月に入って、息子が幼稚園に通い出したなぁと思ってたら、もう10月なんですねぇ。
9月の終わりくらいから、記録的な夏日で晴天が続いておりますが、朝夕はすっかり寒くって、昼間との温度差がかなりきつく、息子が家で昼食を食べた後、夏物に着替えさせて午後の幼稚園に送り届けている今日この頃です。

このおそらく最後の夏日を利用して、今週はず~っと息子の幼稚園が終わってから自転車の練習に励んできました。
夫の友人からお下がりでもらいうけた自転車ですが、彼是頂いてから2ヵ月以上放置状態だったのに、幼稚園通い始めてから、何人か、自転車で来てる子を見かけて、息子もがぜん乗る気が湧いて来たようで、最初は庭で自分でちょろちょろ乗り始めてたんですが、芝生に平らじゃないのでうまくこげず、どんどんへっぴり腰になっていくので、思い切って道路に出して乗せてみたところ、なんとなぁく進むのが本人にもわかってきたようです。
c0113522_4333738.jpg


最初はペダルをこぐ力がまだないのかなぁ?と思うくらい進まず、ほとんど背中を押しながらゆっくり家の周りを一周。
まぁ、まだまだかなぁと思ってたら、2日目、半周したところでいきなり何かをつかんだのか、今までペッピリだったのが、急に背筋が伸び、ペダルをこぐ足にぐっぐっと力が入ってきて、スイスイ進み始めました。
私もびっくりだったのですが、本人も驚いたようで、「ぼく、はやぁい~」と嬉しそうに走り始めました。
c0113522_4393350.jpg


それから毎日、自転車専用道路を経由して、家の周りをぐるっと周ってるのですが、さすがに最近は走らないと追いつかなくなってきて、私は息も絶え絶えです(苦笑)

今週末は夫が一人山登りに出かけてしまったので、息子と二人きりの週末です。
でも何故かパパがいないと我儘の張り合いがないのか、結構聞き分けのいい状態で助かります。
パパもいないので今日は息子と二人で久しぶりに近くの湖まで足を延ばしてきました。
息子の自転車と水着を持って。
さすがに夏休みのような人混みはもうなく、静かなもんで、湖の側の遊具場は貸し切り状態で息子はやりたい放題やっておりました。
水も冷たくなく、気持ちいい水温で、存分に水遊びをした後、自転車でのんびりお散歩もできて。
私もクタクタでしたが、息子も結構疲れてたようで、家に戻って昼を食べた後、二人してグーグー昼寝してしまいました。
まぁ、こんな日があってもいーですかね(笑)
そしてまた、おやつを食べたら元気いっぱいの息子は、素敵な笑顔で私に、「自転車のろー!」

そろそろ、私も一緒に自分の自転車出さないと、倒れちゃうかなぁ。
[PR]
# by tomokichilin | 2011-10-02 04:52 | 子育て
夏休み
話は前後してしまいますが、今年は夫がヴァカンスを1週間ずつ区切って取り、それを利用して、4月、5月はこの近くの離島、Il de ré(イル・ド・レ)Il d'oleron(イル・ドレロン)へ行ってきました。
そして、8月の終わりに、2週間取った内、1週間はトイレ工事、残り1週間で、ピレネーの山へ行ってきました。
この旅行は本当にギリギリまで決めおらず、ヴァカンス最後の週にも関わらず、泊まるところが何処も一杯で、とれなくって半ば諦めてました。
そんな矢先、夫の同僚の親が持ってる貸別荘が、その週空いてるとのことで、通常の半額で貸してもらえることになりました。ラッキー!
しかも、場所は、私がずーっとまた行きたいと思っていた湖の側。2重にラッキーでした。

そこは、スキーでも有名なLuchonと山を隔ててお隣にある街で、Genosと言うところです。
山に囲まれた湖があって、夏場は、子供の為の遊技場や屋外の温水プール、ちょっとしたお散歩や山登りもできるとってもいいとこでした。
息子が産まれる前は、毎年1回は山登りに来ていたんだけど、息子産まれてからはそうもいかず、3年振りに山登り挑戦です。
借りれた家も大きくて、3ベットルームととてもゆったりとしていたので、今回は義両親と、2人の甥っ子たちも誘って、1週間の半ばから合流することにしました。
義両親いれば、息子見ててもらえるし、息子にとってはちょっと大人過ぎるけど従兄弟もいるってことで、ちょっとした気分転換にもなるかもと。
山登りはこの2人の甥っ子(それぞれ13歳と17歳)たちと、夫と4人で2度ほど出かけましたが、いやぁ、若い衆は元気だわ!
私は日頃の運動不足が思いっきり祟って、途中何度も引き返したくなりました。(涙)
でも、なんとかひーこら言いながらがんばって登り切りました!とっても気持ちよかったです^^
c0113522_20561564.jpg

その間息子はパピーマミーとプールでお留守番。
でも息子にとってはお天気にも恵まれて大きい滑り台で思いっきり遊べて大満足の日々だったようです。
c0113522_20581198.jpg


そして、行く前から夫に「着いたらサプライズがあるよ~」と言われてて、いつものことで、大して期待してなかったんですが、今回に限り、ほんとにサプライズ!
泊まっていた所から、歩いても自転車でも行ける距離のところに温泉の本格SPAが!
そしてサプライズは夫から12時間入りたい放題のチケットのプレゼントがありました053.gif
初日は3人で行ったけど、息子にはあまり楽しくないようで、翌日からは毎日1時間半から2時間一人でSPA三昧を味わわせて頂きました!ご主人様、本当にありがとう!
今年日本へ帰れなかったので、このプレゼントを考えてたらしいです。
温泉好きの私には何よりもうれしいサプライズでした。
で、このSPA,本当によかったですよ。「espace japonais」って名前で、スタイルはプールだけど、露天風呂を意識した屋外のプールに、40度のお湯、広い作りのサウナに、とってもあっついハマム。
何種類かのジャグジーやジェットバスや寝湯まで!
もし、Genos行く機会あったら、このSPA是非行ってみてください。お勧めです。そんなに高くないし。
(もちろん日本の温泉に比べれば高いけど・・・)
名前はBalnea SPAです。
山滞在中、しっかり堪能してまいりました^^

久しぶりの山の滞在は、1週間いいお天気に恵まれ、いい運動と、お風呂と、いい空気と眺めで、楽しい思い出ができました。
また来年も行けたらいいなぁ。
今年は、やはり息子君まだ小さいせいか、山登りも30分もすると疲れて「だっこ~」になっちゃってたので、来年はもう少し長い距離歩けるようになるかな?

この旅行で、息子はオマルを卒業してトイレでピピもできるようになりました。
食事も途中から大人数だったので、みんな同じものを食べるというのが、新鮮だったのか、大好きな従兄弟たちと同じものを食べてうれしかったのか、単にお腹が空いてたからか、大人と同じものを残さず食べてました。
こういうの見てると、子供にとって大家族っていいんだなぁって思ったり。
それと、急に暗がりを怖がるようにもなって。
この夏、息子にはたくさんの心の成長があったようです。
c0113522_21362331.jpg

[PR]
# by tomokichilin | 2011-09-20 17:53 | 旅行