La vie quotidienne
                                         quotidienn.exblog.jp
ブログトップ        


フランスの片田舎での日常や息子の成長をゆっくり綴っていきます
by tomokichilin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ようこそ
このBlogはリンクフリーです。

どうぞお気軽にコメントしていってください。

このBlogに使用されている写真と動画の無断での転載はご遠慮ください。

砂と花粉の季節
先週後半からず~っと陽気がよくて、気持ちのいい週末を過ごしたのだったが・・・
そんな中、きもちよ~く見上げた空が、黄色っぽい・・・?
ついに始まってしまった、去年より一ヶ月も早く、松の花粉が飛び始めた。
気が付けば、辺り一面真っ黄色。窓の桟、鎧戸の隙間、ゴミ箱から車、バイク、石畳の上も・・・
花粉が飛び始めたのに気付かず、窓を開けっぱなしにしていたら、家中、花粉だらけ~(泣)
収まるまで一ヶ月間、どんなにお天気良くても、もう窓を開け放てない。
窓の開閉だけでもかなりの花粉が入ってきてしまう。
私も夫も花粉症ではないのが救いだけど、それでも、午後は、外に出るだけで咳き込んでしまう。
しかも、今月頭から、ここの広々とした庭(約4000㎡以上)のお掃除のアルバイトを始めたので、
お掃除のたび、服も靴も真っ黄色、その上鼻の中まで・・・さすがに、目が痒くなる。
ほんとうに、アレルギーの人には大変な季節なのだろうな。
ここに来たらちょっと生きた心地しないかも>_<

そして、時を同じくして、もう一つの季節、海=砂の季節が始まった。
と、いうのは、私の夫、彼はサーファー。サーフィンに加え、何年か前からカイトサーフィンにもはまりだした。道具が増える増える・・・
冬は根性ないので寒すぎて、天気悪い日が多いので、ほとんどしないのが、この時期からは日も延びるので、頻繁に海へ行くようになる。
すると、彼が帰ってくると、一緒に大量の砂が家の中へ運び込まれることになる。
本人は落としてるつもりらしいけど、見てると実に適当にはたいてるんだなぁ~これが・・・
なので、現在は、始終、家の中に砂と花粉があるわけ。
花粉はそのうち終るけど、砂は冬まで続くのだ・・・

それでも、お休みの日は一緒に海へ行けるので、まぁいいか
で、早速この前の週末は海でピクニック
お天気よくて、風がなければ暑いくらいで、何人かの若者や子供(ばばくさい?)は水着で水に入ってた。水はめちゃくちゃ冷たいのに・・・私には真似できないけど
では、ちょっと大西洋を望むGironde県の海岸をご紹介。
c0113522_637213.jpg

このひっろーい海岸線、なんと200km以上続いてるらしい。
でも、ここにくるには、車を降りてから、砂丘を一山、場所によっては二山越えてこなくちゃならないので、ちょっと最初は大変だった。今はもう慣れっこ。時間にすると5分から10分くらい歩きます。
c0113522_638977.jpg

この日は残念ながら波がなく、湖のように静かぁな海でした。
c0113522_6425659.jpg

写真を撮ったのは午前中だったので人がまばらだけど、午後には人だらけ。
そして、海の行き帰りの景色もひろ~くて、和みます。
c0113522_6464513.jpg

この時期だけ見れる菜の花畑。菜の花が満開で壮観!
c0113522_6462156.jpg

これは、とうもろこし畑。これからどんどん伸びてどんどん景色が変わっていきます。
[PR]
by tomokichilin | 2007-04-13 07:08 | お散歩
<< デート ensemble c'... >>