人気ブログランキング |











        La vie quotidienne
                                         quotidienn.exblog.jp
ブログトップ        


フランスの片田舎での日常や息子の成長をゆっくり綴っていきます
by tomokichilin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
このBlogはリンクフリーです。

どうぞお気軽にコメントしていってください。

このBlogに使用されている写真と動画の無断での転載はご遠慮ください。

Dordogne~ドルドーニュ~
先週のpont(フランス語で連休のことを"ポン"と言います。<pont>は"橋"の意味です。)を利用して、初のドルドーニュへ遊びに行ってきました。
私が住むボルドーはAquitaine地方(西大西洋地方)のGironde県(ジロンド県)、そのお隣がドルドーニュ県になります。
ドルドーニュはイギリス人が多く住み、緩やかな土地の隆起が折り重なるとても景色の美しい地方です。
ボルドーの人たちは必ず、ドルドーニュに行ってみて、とても美しいところだから、と勧めます。

今回、夫と私だけで計画していたのが、夫が友人に声をかけたところ、あっという間に11人になってしまった。ボルドーから8人、パリから3人参加、全員20代後半の元気盛りの若者たち(私と夫除く)。
3台の車に食料をいっぱい積み込んで、ワイワイと最初の目的地、gite(ジット)のある"festalemp"(フェスタロン)へ向かった。
フランス語分かる方はちょっと笑っちゃう名前、フェスタロン。何故ならフランス語でフェスはおしり、タロンはかかとを意味するので・・・(もちろん綴りは違いますけど^^)
でも、ジットはとても素敵な建物で、プールまで付いてた。これで3泊1人80ユーロ。
gite(ジット)はコンドミニアム一軒家版共同使用みたいなかんじかなぁ?
c0113522_411285.jpg

私達は11人だったので、キッチンは貸切。素敵な中庭で、BBQをしながら、テラスで食事。
中庭を抜けるとプールがあってその向うはひろーい庭が広がり、馬がのんびりと草を食んでいる。
残念だったのはこの旅行中お天気に恵まれず、小雨と曇りで、カラッと晴れなかった。
せっかくプールがあるっていうから水着を持っていったのに着る機会無し。残念。
でも、空は曇ってても景色はすばらしかった。
c0113522_425471.jpg

ドルドーニュには、ここにクロマニョン人の住んでいた洞窟と骨が発見され、その洞窟にはマンモスなどの多くの壁画が残されている。
残念ながら洞窟内は撮影禁止なので写真はないのだが、壁画はとても興味深かった。
4日間、思う存分利用して、西へ東へ楽しんできた。
一番気に入ったのはブラントームというとても美しい街。
町の真中を川が横切り、川沿いに小高い丘の絶壁にキリスト教以前の祭壇の残る、教会が建ち、歴史を感じさせた。
小高い高みから眺める景色も落ち着いて、周りの木々にはイチジク、マロン、葡萄の実が小さくつきはじめていた。
c0113522_4443569.jpg

c0113522_4522260.jpg

3晩続けて美味しいBBQとビールでお腹はいっぱい♥、楽しいおしゃべりとゲームで本当に楽しい4日間だった。
百聞は一見に如かず、機会があれば是非、ドルドーニュ、訪れてみてください。
c0113522_4551886.gif

ここで、ちょっとお知らせを・・・
この旅行の前に念願の仕事が決まりました。
パートタイム希望だったのですが、結局フルタイムってことで、しばらくこの生活に慣れるまで、バタバタするかと思います。
新しい一歩を踏み出せてとてもうれしいのですが、フランス語での仕事はやはり簡単ではなく、
通勤も日本のように便利ではないので、しばらくは疲れて何もできないと思います。
なので、新しい生活リズムになれるまで、少しの間だけ、ブログをお休みします。
また、戻った時は、どうぞ、よろしくお願い致します。
by tomokichilin | 2007-05-28 05:04 | 旅行
<< 男のカレー 楽しみの後に待ってたのは・・・? >>